クレジットカードの現金化は本当に大丈夫なのか

ドッグサロンレーン > 現金化 > クレジットカードの現金化は本当に大丈夫なのか

クレジットカードの現金化は本当に大丈夫なのか

インターネットなどでクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化に関する記事が多く掲載されていますが、賛否両論であると同時に違法性に関しても様々な見解がされているのが現状です。
クレジットカードの現金化には、何通りかの方法があり業者に依頼された商品をクレジットカードで買ってからその商品を買い取ってもらうという形で現金化にする方法が最も一般的な方法のようです。
その他にも商品券や図書カードなどを購入して、その商品券や図書カードを売る事で現金にする方法などもあります。
法律的な面で考えると基本的にはグレーゾーンという表現をされているケースが多いようですが、法律の前にカードをのものの会員規約を読むと答えが簡単にわかるようになっています。
このようにショッピング枠を利用して現金を手に入れること事態が根本的に会員規約に背いている事になります。
従って、カードの利用停止や強制退会などの処分になるか、買い物をした時の金額を一括で支払う事になる可能性もあります。
当然商品よりも安い現金しか手にしていないはずですから、基本的には見た目に現金が手にはいっているようになってはいるものの実際には借入金が増えているだけという現実があります。
仮にその時には、強制退会や利用停止になる事が避けられたとしても、いつかはそのような状況になりますし、翌月の支払額が多くなっているわけですから、基本的にその場しのぎにしかなっていない事を理解しなくてはなりません。
法律上で問題がないというような判断をして、簡単にネット情報を信用した結果、せっかくのカードを利用できなくなってしまったり、借金が増加をしてしまう危険性も考えられます。
何よりも危険な業者などに個人情報を渡してしまい、後々に被害沙汰に巻き込まれる事も考えなくてはなりません。

口コミで人気のビックギフト



タグ :