妊婦の便秘対策は生まれる赤ちゃんも守る

ドッグサロンレーン > 便秘 > 妊婦の便秘対策は生まれる赤ちゃんも守る

妊婦の便秘対策は生まれる赤ちゃんも守る

 

妊婦の便秘は本当につらいので、何とか楽になりたいという気持ちから対策をする人が多いようです。

 

しかし、もうひとつ便秘対策が大切な理由として、生まれくる赤ちゃんの健康にも影響があるということも覚えておきたい点です。

 

人の健康は腸内環境によって大きく変わるという話は聞かれたことがあるかもしれません。

 

腸内環境の良い状態とは、善玉菌といわれる細菌が優勢な状態のことです。

 

そのような腸内環境であれば、免疫力が高く保たれるために病気に対する抵抗力が強く、アレルギー疾患などになりにくいといわれています。

 

これは赤ちゃんも同じで、ビフィズス菌という善玉菌が多い赤ちゃんほど便秘や下痢になりにくく、死亡率も低いということが知られています。

 

では、赤ちゃんの腸内環境はどのようにしてつくられていくのでしょうか?

 

ひとつは出産以後に口から様々な細菌を取り込むことによってです。

 

そして、そのときの大きな経路の一つはママの産道です。

 

出産時にママの産道に生息している細菌や、ママの便からも細菌を取り込むといわれています。

 

このときの細菌は、ママの腸内環境を反映したものとなっていますから、ママが便秘なら悪玉菌優勢になっているはずなのです。

 

それをもとに赤ちゃんの腸内環境がつくられていくのは、健康面で不利な条件でのスタートということになります。

 

実際に、新生児の頃から便秘になる赤ちゃんも少なくないのです。

 

だからこそ、妊娠中はママ自身のためとうまれてくる赤ちゃんのためにも便秘対策を毎日続けていきたいですね。妊娠 便秘薬